ホーム > 颯の日常 > 問題箇所は特定

問題箇所は特定

hayate20140406

朝からMRI等の検査のため倉敷で1泊入院、の予定だったんだけど、
予定より早く終わって夕方お迎え、全身麻酔から覚めた颯を引き取り。

犬種や年齢から獣医さんは腫瘍(ガン)を疑ってたようだけど、
それは見られずとってもキレイな状態だったという事で一安心。
ただ首の後ろの脊椎の辺りから神経が分岐して右手に向かうところが
免疫系か何かの原因で太く炎症を起こしてるのが見つかった。
(神経が繋がってるので後ろ足の方にも影響が出たのだろうと)

交通事故でもない限り衝撃でどうこうなるような深さではなく、
転んだり溝に落ちたりしたのは多分関係ないだろうって話。
消炎薬と抗生物質をもらってしばらく経過観察することになった。
なにはともあれ原因となる場所が分かったのは良かった。

ただ、神経炎の原因が見えないような腫瘍という可能性も
それほど高くはないものの少し残っているとのことで、
薬を飲んで治ればそれでよし、ダメなら再検査となる。
腫瘍だとしたら場所が場所なので厳しいのだけど。

薬さん頑張れ・・・あ、颯も。

広告
カテゴリー:颯の日常
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中